鬱との戦い

f:id:hynm_otsuyuchan:20180201123748j:plain

mixiやってた時は、
寂しがり屋の独り好きっていうコミュニティに入ってました。

やっぱ人とのコミュニケーションを嫌うっていうのはいい事ないですね、、
それを継続してきた事で直しにくい人格が形成された気もします。


ここ数年自問自答してた事があって、言います。

大学時代に本当に友達が少なすぎた事、ロンドンに1ヶ月くらい遊びに行って人種差別的なものや言葉が伝わらない恐怖から徐々に鬱になり、

たいしたコミュニケーション能力もないまま社会に出て苦労しました。


そこから強めの精神薬と酒に出会ってしまい、躁の状態を経験してなぜか営業職をやってしまい、自分のキャパを超えたストレス、未知との遭遇でした。

 雪だるま式にストレスは溜まっていき、気づいたら三日間くらい寝てしまうくらいにまで鬱が成長していた。

 

その状態になると、鬱の解決策が酒しかなくなりたくさんのものを失って、

離婚も経験した。

そこからも必死に社会にしがみついていこうとしたのですが、
精神薬や酒に頼る日々もあり、いろいろ迷惑かけたりして、週5的なものは断念した。

でも1つだけ誇れる事は作品の質や、一時期ペースは落ちた事もあるけど、大学生の頃から制作だけは続ける事ができている。

 

実際に会って聞かれたら答えていたが、鬱や離婚を隠して?活動している事に少し後ろめたさを感じながらここ数年は生きておりますた!

そして自分の敬愛する京都の方にインタビューをしてもらった事があったのですが、
鬱の事や離婚の事を話せてすごい楽になった、

 

そして今はそういった問題も自分の個性だって少しだけ割り切る事ができるようになったし、うまく付き合えているので調子が良いです。

 

アーティストの方やデザイナーの方、また営業やってる人で鬱とかいろいろ難しい問題抱えている人は万といるし、それを言う言わないは人それぞれの価値観だと思う。

ていうか聞かれて答えてればあえて言う必要はないと思う。
自分へのネガティブキャンペーンだし。


なので自分の為に言っている側面もありますが、そんな感じ。

 

今年はガンガン作っていきます!!🔥🔥