雑記”5”

最近少しずつ潔癖の道を突き進んでいる気がする。

 

スプレータイプのアルコールとか2本くらい常備させていろんなところシュッシュしてしまう。

 

子供の頃は虫が大好きだったし、ゴキブリ触るのとか何も躊躇いなかったし、

小学校の頃から母親と一軒家で2人暮らしだったのでいろんなものを俺が処理しなきゃいけない環境だったのもあり、人間の糞尿等々以外はほぼ抵抗なかった。

 

母親は庭いじりが大好きでスペースがあれば掘って、その場所の日当たりに適した何かを植えていた。

それで母親がすごい狭い裏庭のスペースに柿の木を植えるって言って、スコップで掘っていたら結構でかめの頭蓋骨が出てきて絶叫し、俺が掘り起こして捨てたり、(でかい犬の頭蓋骨だった)

 

隣の家のおばちゃんから俺ん家の基礎の部分にネズミがいるのを見た!不衛生だから駆除してくれ!って言われ、慌てた母親がところ構わずネズミの餌に似た毒薬みたいのを家中に仕込んだ。

そのせいか庭や家の周りにはネズミの死体が結構な頻度で出現するようになり、

母親は全く触れないので全部俺が捨てた。

毒薬食べて即死のネズミはまだよかったが、

プロパンガスの下とかわかりづらい場所で死なれると悪臭やコバエの量で死体があることに気づき、結構腐乱していて、ウジムシ、臭い、死骸の強烈な絵面、

今だったら絶対無理だ、

 

今となってはゴキブリとか外で見つけたら少し嫌な思いするし、

家でたまに出た時なんかは腹筋100回やってようやく解消されるくらいのハードなストレスがのしかかる。

マメにこなすものと、マメに対応できないものがある欠陥人間が俺だったのだが、

そこが均一化してきて、家に虫とかありえないよね!っていう考えから行動指針ができ始めてきたというか、とにかくウェットティッシュとアルコールスプレーの消費量が

多くなってきています。(何が言いたいか不明)